マカオを訪れたいトップの理由

マカオをギャンブル天国としてしかご存じないのであれば、ぜひ一度ここを訪れてみてください。 Las Vegas Sands Corp.がマカオに「総合リゾート」というコンセプトを導入し、2007年にザ ベネチアン マカオをオープン。続いて2012年にサンズ コタイセントラルをオープンし、さらにThe Parisian Macaoが今年まもなくオープンを迎えます。こうしてマカオのアイデンティティは魅力的な観光地へと変貌を遂げました。これらの施設はそれぞれ独立したホテルであるだけでなく、相互に連結し、ショッピングやエンターテイメント、ダイニング、会議スペースなど、あらゆる施設やサービスが揃っています。ラグジュアリーな施設や高級免税店、ファインダイニング、素晴らしいエンターテイメントなどを提供し、レジャーにもビジネスにも人気のアジア有数の観光地となったマカオは、まさしく「東洋のラスベガス」。マカオを訪れるエキサイティングな理由はたくさんあります!

 

元ポルトガル植民地であるマカオでは、中国とポルトガルの文化の融合や建築遺産、本場の料理などを詳しく知ることができます。石畳の通りや華やかなタイルの装飾が施された広場などの美しい街並み、歴史建築の傑作、ユニークなマカオ料理をお楽しみください。

 

マカオは、伝統的な中国の旧正月祭り、天后節、ドラゴンボート フェスティバルに加え、イースター、ファティマ聖母の行列、クリスマスなどの西洋の重要な祭りを祝うという、独自の祭典文化を持っています。さらにマカオでは、マカオグランプリやマカオ国際花火大会など、毎年の国際的なイベントに加え、ワールドクラスのコンサートやショーも多数開催されています。

 

最高に贅沢なショッピングを満喫できるショッピングモール(ショップス アット ベネチアン、フォーシーズンズ、サンズ コタイ)は、誰もが心踊るショッピング天国!ファッションやジュエリー、電気機器、ウォッチ、化粧品やスキンケア製品まで、ファッションとライフスタイルの主要ブランドが一か所に集まった、マカオ随一の免税ショッピングスポットです。

 

中国とポルトガルの優れた食材や料理法を組み合わせ、他の元ポルトガル植民地のエキゾチックな影響も受けたマカオ料理は、コクがありバラエティ豊か。マカオを離れる前に、東西両世界の魅力が溶け合うマカオ料理をぜひお試しください。